マレーシア料理

Malaysia

マレーシアにはマレー系、中国系、インド系の主に3つの民族が暮らしており、それぞれに食文化が違います。
マレーシア料理は、バラエティ豊かな料理を味わうことができ、さらにそれらが刺激し合って融合した、ジャンルを超えた料理を楽しめるのも魅力です。
複数の民族がともに暮らす社会だからこそ、多様な食文化を受け継ぎ、複数の味がからみ合って、美味しく奥深い料理へと発展してきたのでしょう。
同じ名前でも味が微妙に違ったり、宗教や気候、風土に合わせて歴史を歩んできたマレーシア料理をいくつかご紹介します。

目次

テロールゴレン

マレーシア テロールゴレン

ゆで卵に衣をつけて、カリっと揚げた、前菜のような箸休めのような料理です。
チリソースのような辛味香辛料、サンバルをつけて食べれば、お酒のおつまみにも最適です。
サンバルには辛いものから甘いものまで様々な味があり、家庭やお店ならではのアレンジが楽しめるのも魅力です。
油で揚げたたまごは想像通り!サクサクとした食感とゆで玉子のほんのりとした甘みがマッチして、ひと手間かかった美味しさが味わえます。

バクテー

マレーシア バクテー

漢方スープで豚肉を煮こんだマレーシアの代表的な料理。
中国系マレーシア人のソウルフードと言っても過言ではありません。
こちらも地域や家庭、お店によって具材も味も違い、濃厚な味でご飯がススム系バクテーもあれば、シンプルであっさりとした優しい味のバクテーもあります。
豚肉はどの部位もじっくり時間をかけてコトコト煮込まれており、とにかく肉がやわらかく、口の中でホロっと崩れ、旨味がジュワ~っと染み出して、贅沢な味を楽しめます。
それを凌駕するぐらい絶品なのがスープで、豚肉や野菜のうま味がたっぷり、脂っこさはなく、さらっとゴクゴク飲めてしまうほど。
漢方のおかげで体にもよく、スタミナも抜群!体にも染み渡ること間違いなしです。 
お店によってはバクテースープだけでなく、ドライバクテーと呼ばれるスープなしのバクテーもあり、汁気を飛ばして煮込まれ、ガッツリ濃いめの味がエネルギー抜群の料理となっています。

サンバルウダン

マレーシア サンバルウダン

“マレー風エビチリ”と言われる料理です。
マレー語でエビをウダンといい、マーケットで高値取引される新鮮な海老をサンバルブラチャンで味付けし、炒めて作ります。
サンバルは、甘くてスパイシー。コクもあり、唐辛子やにんにく、小粒の赤玉ねぎバワンメラなどをベースに、トマトや魚介の発酵食品と一緒に作られる奥深い味の調味料です。
プリプリの新鮮な海老とフレッシュな野菜を好みのサンバルでしっかり味付けすれば、辛みと旨味が相まって、驚くほど食欲をそそります。
サンバルウダンは15センチもある新鮮で大型な海エビを惜しげもなく使うので、祝いの席には欠かせないメインディッシュとして扱われている高級料理でもあります。
シーフードの王者海老を贅沢に味わえるサンバルウダン。マレーシア伝統の味付けで、是非味わってみてください。

アッサムラクサ

マレーシア アッサムラクサ

「ラクサ」といえば、ココナッツ風味のカレー麺を思い浮かる方も多いのですが、アッサム・ラクサはシーフードでダシを取り、果物の酸味と唐辛子の辛みを加えた一味も二味も違ったスープ麺です。
独特のニオイと香味野菜の強烈なパンチが好き嫌いを二分しますが、辛くて酸っぱい食べるスープは何とも言えない複雑な味で、一度ハマると何度も探して食べたくなるような、”やみつきの味”と言われています。
3.5ミリほどある半透明の太麺は、もちもちというよりはプリプリとして歯ごたえがあり、とろみのあるスープでも少し絡みにくいので、レンゲで麺とスープをすくって味わうのが地元の食べ方。
魚・酸・辛が一体となった奥深い味は、CNNの美食ランキングでも堂々の7位に輝いた経歴を持つ、世界も認めた料理となっています。

カリーパーフ

マレーシア カリーパーフ

現地では「毎日おやつに食べる」という人も多い、屋台の定番、国民の熱愛グルメとなっているほくほくのカリーパーフ。
もともとはインドのサモサがルーツですが、カレー味のポテトが定番で、チキンやビーフ、マトン、卵などが選べることもあります。
パイ生地に近いサクサクした皮は油で揚げられ、小さ目ながらもボリュームがあり、片手で食べられる安くて手軽なB級グルメとなっています。
マレーシアではカリーパフは砂糖入りのコーヒーを飲みながら食べるのがお決まりのスタイルですが、ビールのお供として味わってみるのもベストマッチな一品です。

サテー

マレーシア サテー

鶏肉、牛肉、豚、海鮮などを竹串に刺し、炭火でこんがり焼いたのがサテです。
屋台街(ホーカ−)や夜市(パサマラム)などでも定番のストリートフードで、甘めのピーナッツソースにディップして食べるのがローカルスタイルとなっています。
サテは色々な肉の種類があり、宗教上の理由もあって王道なのは鶏肉ですが、羊や鹿肉、ウサギやリスも提供されることがあります。
漬け込むタレが同じでも、肉の種類によって味や食感が変わり、それぞれの違いをダイレクトに感じられる料理です。
店によって異なる秘伝のタレの味を吟味したり、日本ではなかなか食べられない素材のサテを探してみるのも面白いですね。

サヤップアヤム

マレーシア サヤップアヤム

スパイシーなタレでマリネして焼き上げた手羽先を、チリソースで楽しむ料理です。
こんがりとよく焼かれたパリパリの皮が香ばしく、香辛料との相性が抜群で、中のお肉も淡泊ながらふんわりと優しい味わいを醸し出しています。
マレーシアのチリソースは種類が豊富で、甘いものから辛い物まで濃さや酸味も様々です。
別添えなので使わなくてもOKですが、マレーシア料理を食べる機会があれば、ぜひ一度は試してみてください。

日本でマレーシア料理を味わってみませんか?

家族経営で本格的なマレーシア・ペナン料理を提供しています。

ペナンレストラン(食べログ)

本場でマレーシア料理を味わってみませんか?

多民族国家マレーシアは、民族ごとに食事の嗜好や伝統食が異なり、まるで複数の国の料理がひとつの国に集結したかのようなバラエティに富んだ食が魅力です。
スパイスや調味料をたっぷり使い、辛(唐辛子)・甘(砂糖)・酸(酢ではなく果物由来)など、複数の味がからみあった深い味。
いろんなバージョンがあり、食べる方は好みの味を見つけて楽しむことができます。
マレーシア人は家族で屋台に行くのも日常で、毎日外食をします。それぞれに味が異なる現地のダイニングを、雰囲気と共に味わってみてください。

関連記事

  1. DEL

    インド・デリーに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  2. China

    中国 四川料理

  3. ICN

    韓国・仁川に行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  4. KTM

    ネパール連邦民主共和国・カトマンズに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  5. PH1

    フィリピン共和国・ボラカイ島に行ったら何をする?おすすめ観光名所

  6. BOM

    インド・ムンバイ(旧ボンベイ)に行ったら何をする?おすすめ観光名所

  7. Russia

    ロシア料理

  8. MNL

    フィリピン・マニラに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  9. REP

    カンボジア・シェムリアップに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  10. STO

    スウェーデン・ストックホルムに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  11. SGN

    第7話 たびび君、ベトナム ホーチミンに行く

  12. PQC

    ベトナム・フーコック島に行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ