中国・コワンチョウ(広州)に行ったら何をする?おすすめ観光名所

CAN

中国南部の都市、コワンチョウ(広州)は、香港にも近く外国の企業が多く進出しています。大きな商業都市・工業都市でもあり、かつ人気の観光都市でもあり、飲茶料理が名物です。
歴史的にも交易の中心地として栄え、2000年以上海外と中国の貿易・交流を支えてきました。
今回はそんなコワンチョウ(広州)のおすすめ観光名所をご紹介します。

目次

重要文化財を訪れて歴史を知りたいなら陳氏書院

広州の重要文化財である陳氏書院は、広州観光において欠かせない観光名所です。
広東省には「陳」という姓が非常に多く、その「陳」姓の人々が一族の祖先を祀るとともに、一族の集会をおこなったり子どもたちの教育をおこなったりするために1890年頃に造った書院が陳氏書院です。伝統的な広東式建築で、天井が高く風通しの良い造りが特徴的で、中には沢山の芸術品や調度品が展示されています。
「広東民間工芸館」という別名もつけられていて、大都会広州の街中で歴史的な建造物や見事な彫刻を見る事ができる貴重な観光スポットです。
美しい装飾の門構えに迎え入れられ中へ入ると、広大な敷地内には伝統的な建造物や美しい庭園があり、散策を楽しめます。
美術館のような感覚で訪れて、見事な彫刻や芸術作品を堪能しましょう。

7色に輝く広州のランドマーク的存在の広州タワー

2010年に一般公開されたという比較的新しい広州タワーは、450mの主塔と150mのテレビ塔を合わせると600mもの高さに達し、広州のランドマークとして存在感を示しています。主塔の最上部には展望台があり、広州の街並みを一望できます。
左回りにねじったような不思議なデザインで、そのスタイリッシュな印象から「くびれ」というあだ名がつけられたそうです。
夜になると7色にライトアップされ、とても美しい姿を見せてくれます。
内部にはショッピングセンターや、屋内遊園地、レストランなど様々な商業施設が充実しているので、雨が降っても丸1日楽しむ事ができる観光名所です。

中国にいながら西洋に迷い込んだような気分が味わえる沙面島(さめんとう)

アヘン戦争後にイギリスとフランスの領土として占領されていた沙面島には、今も西洋の建物が並び、その街並みは中国にいるという事を忘れてしまいそうになるくらいです。
西洋と中国の交易の窓口にもなり中国の発展にも大きな役割を果たした沙面島。西洋風の建物が並ぶ中で若者たちから絶大な人気を得ているのがスターバックスで、ヨーロッパ旅行を楽しんでいるかのようなお洒落な店構えが特徴的です。
他にもお洒落なカフェやレストランが沢山ありますので、食事やティータイムをゆっくりと楽しんで沙面島の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

広州の夜景を堪能できる珠江ナイトクルーズ

広州観光でも人気の定番観光イベントが、珠江ナイトクルーズです。
広州の夜景は世界的にも有名で、ガイドブックにも見どころとして掲載されています。そんな広州の美しい夜景を、珠江川をクルーズしながら水上から見物できるナイトクルーズは観光客にも人気ですし、地元のカップルの定番デートコースとしても人気です。
7色に輝く広州タワーや、高層ビルの光など、美しい広州の夜景にうっとりできます。
ディナークルーズや、お茶だけがつくリーズナブルなクルーズなど、コースは様々です。
時間帯も自由に選べるので、早めの時間に予約をすれば夕焼けに染まる広州の街を見ながら宵闇に溶け込み次第に夜景に変わりゆく景色をグラデーションのように楽しめますし、夜の出発ならば最初から最後まで煌びやかな夜景を楽しめます。

広州のシンボル「五羊石像」が見られる越秀公園

広州で人気の観光スポットのひとつ、越秀公園には「五羊石像」という広州のシンボル的存在の石像があります。
五羊石像は、五穀豊穣を象徴して羊の上に5人の仙人が乗っている石像で、広州のプロバスケットボールチームの名前が「広州五羊」である事からも広州の中では非常にポピュラーなシンボルとして愛されている事が伺えます。
越秀公園は地元の人が気軽に訪れる市民の憩いの公園で、早朝には太極拳に励むグループが随所に見られ、犬の散歩やランニング、バドミントンを楽しむ人々も見かける事ができます。

1400年もの古い歴史を持つ光孝寺

広州の人気歴史観光スポットの代表格である光孝寺は、なんと1400年もの歴史をもつ古い寺院ですが、保存状態がとても良く、中国の歴史に興味がある方はぜひ訪れたい歴史的観光名所です。
敷地は広く厳かな雰囲気で、神聖なパワーにあやかろうと、地元の方も観光客も連日訪れて願掛けをしたりお参りをしたりしています。

中国・コワンチョウ(広州)の観光スポットを楽しもう

中国・コワンチョウ(広州)のおすすめスポットをご紹介しました。
広州には中国の歴史的な観光名所もあり、イギリス・フランスの占領下にあった時代の名残を感じられる西洋風のエリアもあり、そして近代化を遂げた広州の高層ビルやタワーもあります。
歴史と世界が交錯する魅力的な観光地広州を観光する際には、時代の流れや世界の交わりを感じながら散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. PKR

    ネパール連邦民主共和国・ポカラに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  2. YQB

    カナダ・ケベックに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  3. おすすめ ホノルル

    ハワイ・ホノルルに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  4. RDH

    ドイツ・リューデスハイムに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  5. パナマ共和国・パナマシティに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  6. KFL

    タイ・カオラックに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  7. KBV

    タイ・クラビに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  8. CAI

    エジプト・カイロに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  9. XSK

    タイ・スコータイに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  10. CEI

    タイ・チェンライに行ったら何をする?おすすめ観光名所・グルメ

  11. CUZ

    ペルー共和国・クスコに行ったら何をする?おすすめ観光名所

  12. ENQ

    フィリピン共和国・エルニドに行ったら何をする?おすすめ観光名所

TAVIVI

旅お探しサイト

TAVIVI

不動産物件お探しサイト

うちカエル

TAKE OUTお探しサイト

MOGUGU

色々お探しサイト

URUtO

横浜関内でゆっくりカフェタイム

CONY&TOAD

横浜関内でカフェしながら物件さがし

CAFEで不動産

旅行業支援システム

TRIPHOO

WEBサイト連動顧客管理システムなら

USAEL

旅行のお仕事お探しサービス

URUtO

旅行商材アフィリエイトサービス

TPC GATE